生命保険見直しのポイント

生命保険の見直しと一口に言ってもどこを見直せば良いのか
良くわからない人もいるのではないでしょうか?
見直すべき所は意外に多いのですが、1つ1つ丁寧に見直していくことで
今よりも保険料がが安くなったりするので、得することもあります。

生命保険見直しのポイント
・保障額と保障期間
→まずは基本に戻って、必要な保障額と保障期間を見直してみましょう。
転機や環境が変わった時にここを見直すと要らなくなった保障や足さなければいけない保障が みえてくることがあります。

例えばマンションや一軒家などマイホームをを公庫などの住宅ローンで購入した場合は強制的に生命保険に加入させられます。
加入者が死亡した場合は残りの住宅ローンは払う必要が無くなるのでその分の補償額は外す事ができると思います。
また遺族年金で賄える分も保険の補償額から外せると思います。

・今の保険の契約を生かす
→保険を見直して、安くなる事もあるけれど
新たに契約をすると契約年齢が上がってしまって余計に保険料が上がってしまう事もあります。
そんな時は今の契約を生かしたほうが得になってしまいます。
また保険の予定利率が良い時に契約した保険はお宝保険と言って大変条件の良いものがあるのでその場合はしっかり持って手放してはいけません。

・タイミング
→タイミング悪く予定利率が低いときに契約をしてしまうと
保険料が高くなってしまいます。
更にその高い保険料を長い間は払わなければなりません。
そうなってしまうと、自分が損してしまうので解約した方が良い場合もあります。
☆保険関連サイト
保険のトリビア

生命保険加入するなら保険相談
生命保険加入をお考えならまずは保険相談。無料です。

コメントは受け付けていません。