普通傷害保険

皆さんは、傷害保険というものをご存知でしょうか。
一度は聞いたことがある人が殆どだと思います。
傷害保険にも種類が色々あってよく分からなくなっている人もいるのではないかと思います。
ここでは、一番基本となる普通傷害保険のお話をしたいと思います。

普通傷害保険とは、日本の中や他の国で事故やトラブルがおきてしまって怪我をした時に保険金を出してくれる保険です。
普通傷害保険に加入するだけ事故にあった時の保障は大丈夫なのです。
(殆どの事故に対応しているのでとても安心できる保険です)

怪我で入院した場合は、その入院日数によって保険金の多さが違います。
通院の場合も同じで、日計算で保険金は決まります。

また、重度の傷害がのこってしまったり、死亡してしまった時は死亡、高度傷害保険金という保険金がもらえます。
(普通の死亡保険の保険金よりは小額になります)

この普通傷害保険は、保障する対象を、家族全員にする事もできます。
(特約というオプションに様なものをつけます。)
保険加入前に

保険加入に迷ったら保険相談がいいよね

コメントは受け付けていません。