火災保険

損害保険の中には「火災保険」もあります。
馴染みのあるこの保険ですが、どのような時に対応してくれるものなのでしょうか。

火災保険は一口に火災といってもその対象は様々です。
火災のほかにも、落雷や台風、旋風、暴風雨、雹災、豪雪、雪崩などによる損害も補償します。
一般的に建物やその内にあるものを保障しますが、一般住宅用、集合住宅用、企業用など建物によって種類も異なります。

しかし火災保険だけでは対象にならない災害もあります。
そのひとつが地震です。
地震や津波、噴火など大規模な災害に対応するためには火災保険に加えて地震保険にも加入する必要があります。
地震保険は基本的に単独で加入することはできないため、火災保険とセットになります。

日本は地震大国とも言われているように、地震の頻度がとても高く最近では大きな地震も多数起きているため、加入者が増えているようですがまだ加入している世帯は3割未満と、この保険はまだあまり浸透していない様子です。

自分たちが住んでいるエリアの特徴や、建物が破損した時にかかる費用なども今後計算して保険加入するかどうかを考えておく必要がありそうですね。
生命保険 自動車保険コラム

コメントは受け付けていません。