幼児教育は早い方がいい?

幼児教育と言えば、どんなことを想像しますか?
お稽古ごとや、家での学習…となんだか難しく特別なことをついつい考えてしまうのですが、実は幼児教育は身近で、無理なく実践できるものです。

たとえば、1歳~4歳までは歩くことの練習、食べることの練習、話すことの練習といった生活の基本をこどもに教えることも幼児教育のひとつです。

塾に通ったりして、特別な講師に指導してもらう必要はありません。

先生はお母さんだったり、お父さんだったり身近な家族であることがほとんどです。

「教える」「教育する」というよりも一緒に生活していく中で、身についていくものと言った方が正しいのかもしれません。

特別に意識していなくても、こどもと一緒になんでもやってみる。
こどもが興味を示したら、自由にやらせてみる。

こういった気持で子どもに接していくことが「幼児教育」と言われることにつながっていきます。

早い段階で難しいことにチャレンジする必要はありません。

親とこどものペースに合わせて、楽しく生活することが第一ですよね。

始めるのは早い方がいいから~と幼児教育の一環で英語をはじめているお友達が息子の周りにはたくさんいます。

お教室に通っている子もいれば、通信教育の教材を買って実践している子もその親子によってやり方は色々です。

そんな中、すぐに英語を口に出す子もいればなかなか芽の出ない子もいるものです。

傍から見れば、大差のないことなのですが、幼児教育に取り組む親は熱心な人が多く、ちょっとした差でも「うちのやり方が悪いのかしら」
「お教室を変えようかしら」と話しています。

我が家は基本「こどもがやりたいと言ったら応援する」というスタンスをとっているので特別英語に触れるようなことはしていませんが周りの親があまりに熱心且つ、こどもたちは「あっぷる」「はろー」なんて単語を口にしていると「ん~~、、少しは英語をやった方がいいのかな。遅れちゃったらかわいそうかな」

なんて思ってしまうのですが何もしなくても3ヶ月後には自分の子どもも同じような単語を話しているものです。
親の心配は無用なようです。

もちろん早いうちに英語を始めることが、無駄だというわけではありません。

子供の能力は未知数です。幼児期の脳、体、心に良い刺激を与える事で可能性は大きく広がります。幼児教室人気ランキング

吸収の早いこどものうちに取り組んでおけば、その後いいこともありそうです。

でも、周りと比較して焦る必要もないんですよね。

親子それぞれ、自分たちに合ったペースで楽しくやっていければいいな!と思います。

総合病院から個人経営のクリニックに転職

私は大学を卒業して家の近くの総合病院で看護師として働くようになりました。その総合病院に就職したのには、深い理由がありません。高齢化社会が進行するのは間違いないから、医療系の技術を身に付ければ食べていける、と漠然と考えただけです。しかし、看護師としての職務を全うするうちに、専門的なスキルの習得を意識するようになりました。法律事務所も引き受ける依頼を限定して、特定の分野に特化することを目指す時代です。器用貧乏な看護師よりも、一つの技術を極めた看護師の方が重宝されると思いました。転職を考えて迷っていた時、辞めたい看護師の転職事情という記事を見て背中を押されたのも理由のひとつです。そして3年ほど勤めた総合病院を、思い切って辞めることにしたのです。総合病院を辞めると宣言した時、周囲はほとんど反応しませんでした。もともと離職率が高い病院だったので、イチイチ気にしていられないという事情もあったはずです。送別会さえ行われなかったことは少し寂しかったですが、私は気を取り直して新しい職場を探し始めました。失業手当を受け取るついでにハローワークで相談したり、整体専門のクリニックのホームページを片っ端からチェックしました。整体外科で働きたかったのは、総合病院で働いていた時、最も筋が良いと褒められたからです。しかし決め手になったのは転職情報サイトの登録でした。看護師辞めたい

そして、私は自宅の最寄り駅から3駅離れている整体専門のクリニックで働くことになりました。総合病院と少し違ったのは、そのクリニックでは訪問診療が行われていたことです。クリニックまでやって来る元気のない患者さんの家を訪ねて、サービスを提供するのです。医療器具を家の中に運搬したり、力が要る仕事で大変でした。

総合病院で働いていた時と比べると、給与は下がり勤務時間が長くなったというのが正直なところです。ですが、総合病院で働いていた時よりも患者さんとの距離が近くなり、楽しく仕事をすることができました。現在ではそのクリニックはありませんし、私は看護師の仕事から離れています。それでも私が自分のことよりもお客さんを優先して物事を考えるようになったのは、整体クリニックへの転職がきっかけです。この時に得た経験は今でも生きているので、あの時の判断は間違いではなかったと思います。

インターネット回線はどこがいい?

最近、インターネット回線をかえようと思っている。
というのも動画サイトを見ていてるとたびたび動画がとまってイライラするからだ。
そしてパソコンの動きを早くするという胡散臭い広告が現われる。
それがとっても鬱陶しいのだ。
パソコンのCPUもcore5だからたぶんそんなに問題はないと思う。

今はADSLだからそのせいだろう。近頃では光回線があたりまえになってきている時代だ。
auひかりやフレッツ光、光プレミアム、それに最速だというNURO光・・
インターネットの回線はたくさんあるがいったいどう違うのかが今いちはっきりしない。

第一ひかりってNTT東日本、西日本が回線をもっているんだよねぇ??
それにプロバイダーとの違いもよくわからない。

どうせ回線をかえるならサービスもたくさんの方がいいと思って探していたら
インターネット回線おすすめランキングなるHPをみつけた。
外でもインターネットを楽しみたいならWiMAX2+やLTEがおすすめだそうだ。
WiMAX2+やLTEなら外出先でもノートパソコンでインターネットができる。
ただ、光回線と比べるとやはり不安定な部分もあるようだ。
どっちにするかとりあえずもう少し考えてみることにした。

自動車免許の種類

車の免許。
一般的にはミッションとオートマが主流かしら??

だいたい、教習所や合宿免許に行くとその2つに分かれていますよね。

で、圧倒的に女性はオートマ限定派。
男性は後々分からないしミッションが多いかしら??

とは言え、最近の車はオートマ車が多くなっています。
レンタカーを借りてもほぼ100%って言うくらい、オートマ車になりますよね。

まぁ、逆に言うとオートマ限定の人が多いので、ミッションの車をレンタカーに出しても、乗れない人がいるので納得します。

ミッション車は、トラックとかでは必須になる。
もっぱらミッションが多くなっていそう。

将来そっちの道に進もうと思っているのならば、ミッション車の自動車免許は必須ですね。

その他の免許。そうそう大型免許は分かる気がします。
大きなバスとかの運転は普通免許では無理でしょう。
他には、お客を乗せる大型二種、中型二種、普通二種、他には、クレーンやフォークリフト、ショベルカーなどの大型特殊免許。

後は、大きな荷台を引っ張るトラックも別の免許が必要でしたね。
そうそう、けん引免許でしたっけ・・
バイクの免許ひとつとっても普通二輪、大型二輪とあってそれぞれMT免許とAT免許がそれぞれある。

なんだか免許1つでも奥が深い。

まぁ、一般的にはオートマが乗れたらそれで良しでしょう!
免許取得に向けて自動車免許 合宿免許にレッツゴーですよ!

レジャー保険

かつてはメジャーだった レジャー保険の一種である「釣り保険」ですが 最近では保険会社が商品を整理した結果でしょうか 釣り保険は姿を見せなくなりました。
レジャー保険で残っているのは旅行とゴルフくらいのものでしょうか。 「まぁ、別にいいんじゃないかな。」と思っていたのですが 最近家族で釣りにハマってしまったんです。

釣りってやってみるまではわからなかったのですが 意外と(?)危険と隣り合わせのレジャーだったりします。
海に行けば、遭難などの心配もありますし 崖っぷちや危険な場所がよい釣りのスポットだったりもします。

そして釣り針も結構危ないもので たくさんの人が集まる場所では釣り針が人の服に引っかかったりすることもしばしば。
これが目に当たったらと思うと、結構怖いです。 大人がやる分には注意もできるのでいいのですが 子どもと一緒だとなおさらです。

我が家は特に高い釣竿を使っているわけではないので 道具に関する保険はいいのですが ケガ(人にさせてしまった場合も含む)に関しては 釣り保険に入った方がいいのかなぁと思うことがあります。 せっかく釣りを楽しむなら、少しでも安心して遊べた方がいいですよね。 釣り保険に変わるレジャー保険を検討したいと思います。

保険相談するのも良いかもしれませんね。

搭乗者傷害補償保険 | 任意保険

あなたは搭乗者傷害補償保険と言うのを知っていますか?
搭乗者傷害補償保険とは、自動車の任意保険の一種で事故を起こした車に乗っていた人、皆に対する保険になります。
この保険は、あまり知らないと言う人が多い保険ですがとても良い保険の内容なので頭の片隅に入れておいてください。

搭乗者傷害補償保険は車に乗っていた人皆が保険金をもらえます。
また、自賠責保険や搭乗者傷害補償保険以外の任意保険からも保険金がもらえる場合がありますが、それとは別に契約をしているのでもらえる保障額は「自賠責保険や他の任意保険+搭乗者傷害補償保険」ということになります。

怪我や入院の日数も関係してくるので幾らくらいもらえるとは言いがたいですが平均してみると1千万円程度が普通のようです。
たまに、事故にあえば絶対に保険金がもらえると勘違いをするひともいるようですがそんなことは無く、あくまで怪我をしていたり亡くなってしまった場合にだけ対応してくれる任意保険です。
また、搭乗者傷害補償保険は加害者からの損害賠償金をもらったりしてもそんなことには関係なく保険金を貰う事が出来ます。
一発免許で免許を取得した人は事故率が高いそうです。転ばぬ先の杖ですから車の任意保険は加入しておいた方が良さそうです。

☆保険関連サイト
保険の泉

がん保険

医療保険って、種類がたくさんありすぎて分からないですよね。私が保険に加入する時に悩んだのが、医療保険ってケガや病気に対する通院や入院を保障する保険。

じゃあ、『ガン』は???

『ガン保険』っていうのがあるけど、保障内容がかぶりそうだし、 医療保険に加入していれば、 ガン保険はいらないかな???と思っていたんです。
で、調べてみたら、確かにガンと診断された場合に、医療保険で保障はされるみたいんですけど・・・。
ガンって、再発しますよね???

医療保険って、「何回までの給付」とか「何日までの入院」とか期限が決まっているのが多いんですよ。
つまり再発した場合、給付が受けれないことがあるみたいなんです。

そこをカバーしたのが、『ガン保険』。
ガンと診断されない限り、給付がない保険ではありますが、 逆にいえば、ガンと言われれば、確実に給付される保険なんです。

今の時代、健康診断を気楽に受けてみたら、ガンだった!! なんてこと、珍しくありません。
しかも、早期発見なら治る病気になりました。 医療保険に合わせてガン保険を考えてみてもいいんではないでしょうか。
ところで生命保険も忘れてはいけません。以前入った保険が入りっぱなし。保険見直しなんてしたことない・・なんてことはありませんか?
もしそうなら保険見直し相談をおすすめします。保険見直し相談なら保険料の節約も期待できますよ。
保険相談は興味があるけど、忙しいからまた今度・・と先延ばしにしているあなた。
では、いつ保険相談するんですか。・・今でしょ!
そうなんです。思いたったその時が保険相談するべき時なのです。
保険相談で商品券が貰えるサイト

火災保険

損害保険の中には「火災保険」もあります。
馴染みのあるこの保険ですが、どのような時に対応してくれるものなのでしょうか。

火災保険は一口に火災といってもその対象は様々です。
火災のほかにも、落雷や台風、旋風、暴風雨、雹災、豪雪、雪崩などによる損害も補償します。
一般的に建物やその内にあるものを保障しますが、一般住宅用、集合住宅用、企業用など建物によって種類も異なります。

しかし火災保険だけでは対象にならない災害もあります。
そのひとつが地震です。
地震や津波、噴火など大規模な災害に対応するためには火災保険に加えて地震保険にも加入する必要があります。
地震保険は基本的に単独で加入することはできないため、火災保険とセットになります。

日本は地震大国とも言われているように、地震の頻度がとても高く最近では大きな地震も多数起きているため、加入者が増えているようですがまだ加入している世帯は3割未満と、この保険はまだあまり浸透していない様子です。

自分たちが住んでいるエリアの特徴や、建物が破損した時にかかる費用なども今後計算して保険加入するかどうかを考えておく必要がありそうですね。
生命保険 自動車保険コラム

生命保険はどの保険が良いか

保険には色々な種類があって、困ってしまいますよね。
医療保険、終身保険、癌保険・・・結局、どれに加入すれば安心なの?なんて考えている人も多いのではないでしょうか。
そんな人のために、まずはどの保険に加入すれば安心なのかをお話していきたいと思います。

まず、とりあえず加入しておいてほしいのは終身保険なんです。
なぜ終身保険なの?保険料が他の保険と比べて高いじゃない!と思っている人もいるのではないでしょうか。
でも、よく考えてみてください。保険料が他の保険と比べて高いと言う事は終身保険の保障は他の保険と比べて良いというふうに取れませんか?
実際、終身保険は途中でもし解約をしてしまってもお金が返ってきたり、他の保険と違って貯蓄性もあります。
つまり、掛け捨ての保険ではないので安心ができると言うわけなのです。
なので、何に加入したら良いのか分からない、あるいはお金の事情でいくつもの保険には加入できない・・・と言う人は終身保険に加入した方がいいのです。
保険コラム

保険相談 無料であれこれ

 

保険のプロの代理店です

あなたは「ここは保険のプロ代理店です!」というのを聞いたことがありますか?
代理店にプロとプロじゃない所があるの?と思った人もいるのではないでしょうか。
だって、どちらで契約したって、できれば「プロ」にやってほしいと思いませんか?
では、何が保険のプロ代理店で何が保険の代理店なのかをお話したいと思います。

プロ代理店といっているのは保険の代理店を専門に扱っているところの事をいうようです。
中には、不動産業の傍ら、保険の代理店もやっています、というお店があって、そういうところを副業代理店といいます。
稀に、プロと言っておけば安心するだろうし、とりあえず言っておこう!なんて所もあるようですが・・・

なにはともあれ、プロかプロじゃないかは、保険を専門で扱っているかそうじゃないかということのようですね。
また、代理店の中で信用しているお客の数が多いところをプロ代理店といっている場合もあるようです。
色々な定義があるので、プロというから信用できるというわけでもなさそうです。
保険おすすめ記事は生命保険に加入・・

保険加入はどれがいいか迷ったら保険相談