搭乗者傷害補償保険 | 任意保険

あなたは搭乗者傷害補償保険と言うのを知っていますか?
搭乗者傷害補償保険とは、自動車の任意保険の一種で事故を起こした車に乗っていた人、皆に対する保険になります。
この保険は、あまり知らないと言う人が多い保険ですがとても良い保険の内容なので頭の片隅に入れておいてください。

搭乗者傷害補償保険は車に乗っていた人皆が保険金をもらえます。
また、自賠責保険や搭乗者傷害補償保険以外の任意保険からも保険金がもらえる場合がありますが、それとは別に契約をしているのでもらえる保障額は「自賠責保険や他の任意保険+搭乗者傷害補償保険」ということになります。

怪我や入院の日数も関係してくるので幾らくらいもらえるとは言いがたいですが平均してみると1千万円程度が普通のようです。
たまに、事故にあえば絶対に保険金がもらえると勘違いをするひともいるようですがそんなことは無く、あくまで怪我をしていたり亡くなってしまった場合にだけ対応してくれる任意保険です。
また、搭乗者傷害補償保険は加害者からの損害賠償金をもらったりしてもそんなことには関係なく保険金を貰う事が出来ます。
一発免許で免許を取得した人は事故率が高いそうです。転ばぬ先の杖ですから車の任意保険は加入しておいた方が良さそうです。

☆保険関連サイト
保険の泉

火災保険

損害保険の中には「火災保険」もあります。
馴染みのあるこの保険ですが、どのような時に対応してくれるものなのでしょうか。

火災保険は一口に火災といってもその対象は様々です。
火災のほかにも、落雷や台風、旋風、暴風雨、雹災、豪雪、雪崩などによる損害も補償します。
一般的に建物やその内にあるものを保障しますが、一般住宅用、集合住宅用、企業用など建物によって種類も異なります。

しかし火災保険だけでは対象にならない災害もあります。
そのひとつが地震です。
地震や津波、噴火など大規模な災害に対応するためには火災保険に加えて地震保険にも加入する必要があります。
地震保険は基本的に単独で加入することはできないため、火災保険とセットになります。

日本は地震大国とも言われているように、地震の頻度がとても高く最近では大きな地震も多数起きているため、加入者が増えているようですがまだ加入している世帯は3割未満と、この保険はまだあまり浸透していない様子です。

自分たちが住んでいるエリアの特徴や、建物が破損した時にかかる費用なども今後計算して保険加入するかどうかを考えておく必要がありそうですね。
生命保険 自動車保険コラム

対物賠償保険

皆さんは対物賠償保険に加入していますか?
保険に加入している方も加入していない方もこの保険がどんな保険かきちんと知っていますか?
ここでは対物賠償保険についてお話したいと思います。

対物賠償保険とは、交通事故で自分の物意外のものを壊した時に保険金がもらえるという保険です。
この保険が適応されるには自分が契約している車での事故の場合です。
他の人が契約している車だと、保険が適応されない事が多いので注意してください。

さて、ここでの「自分のもの意外の物」とは
他の人の車だったり、ガードレールだったり標識だったり、建物も含まれます。
ここで注意したいのが、「人」は対象外なので気をつけてください。
怪我をさせたり、他人を事故で殺してしまったりした時の保険は別の保険になります。

また、家族のものだったり車庫に入れるときに誤って「車庫を」壊してしまったりした時は
保障対象から外れています。
これは、あくまでも他人に対しての保険であり、他人のものにしか保障はされないからです。
☆保険関連サイト
保険相談や生命保険

保険見直し相談もいいんじゃない?
保険見直し相談なら保険料をお安くできます。