レジャー保険

かつてはメジャーだった レジャー保険の一種である「釣り保険」ですが 最近では保険会社が商品を整理した結果でしょうか 釣り保険は姿を見せなくなりました。
レジャー保険で残っているのは旅行とゴルフくらいのものでしょうか。 「まぁ、別にいいんじゃないかな。」と思っていたのですが 最近家族で釣りにハマってしまったんです。

釣りってやってみるまではわからなかったのですが 意外と(?)危険と隣り合わせのレジャーだったりします。
海に行けば、遭難などの心配もありますし 崖っぷちや危険な場所がよい釣りのスポットだったりもします。

そして釣り針も結構危ないもので たくさんの人が集まる場所では釣り針が人の服に引っかかったりすることもしばしば。
これが目に当たったらと思うと、結構怖いです。 大人がやる分には注意もできるのでいいのですが 子どもと一緒だとなおさらです。

我が家は特に高い釣竿を使っているわけではないので 道具に関する保険はいいのですが ケガ(人にさせてしまった場合も含む)に関しては 釣り保険に入った方がいいのかなぁと思うことがあります。 せっかく釣りを楽しむなら、少しでも安心して遊べた方がいいですよね。 釣り保険に変わるレジャー保険を検討したいと思います。

保険相談するのも良いかもしれませんね。

クレジットカードの保険

クレジットカード。 世の中、便利になってきましたよね。何でもお金が手元に無くても買える時代。 小さなカードがお金代わり。クレジットカード作るのにも、 今は通帳やハンコを持ち歩かなくても良い。後から家に送られてきた用紙を書いて送り返すだけでよいって。

なので、結構簡単に作れるようになっています。しかも、カード払いでポイントつき。 そのポイントを有効活用できるありがたさ。上手に使って上手に得を!

大体の人は1枚くらいは持っている?? 基本は庶民のクレジットカードで。大きな買い物をする時とかには素敵な存在。 大きな額のお金を持って歩くのはちょっとね。そんなクレジットカード。 ちょっとした保険も付いているのがほとんど。

結構忘れがちですが、たまにはチェックをしてあげて。 意外な使い方が発見できるかもね。そんなクレジットカードについている保険で海外旅行。 それでも、れっきとした保険。無駄を省いてよりよい使い方を!
保険相談サイトが流行しています。保険相談も保険のプロが安心ですね。

過払い金請求の無料相談 人気ランキング
過払い相談なら法律のプロに。今すぐ無料相談!

入院がポイントの保険

保険の使い方。 しっかり使っていますか??毎月の保険の引き落とし。 通帳から引き落としの日になったら勝手に引き落とされている事でしょう。 なので、いまいちピンと来ないかも。

でもでも、月々の支払いの大切さ。 年にしてみれば結構な支出にね。そんな保険も使う時は使わないと。

保険って自分から請求しないとただの紙切れ。 決して向こうからは言ってくれない。事情や状況も伝わっていない為、 何が起こっているかは保険会社には分からない事。

なので、自らしっかり確認して保険と使っていかないとね。入院する出来事。 入院する原因。 入院する症状。 入院する期間。症状を伝えて保険を貰わないとね。

入院初日からもらえる保険?? 入院してどれくらいでる??保険内容によっても違ってきます。 保険内容の確認は大事。

なにかあったら即保険会社に連絡。 保険が下りる下りないは別にきちんとしておかないとね!
保険の相談ってどうかな

保険のプロの代理店です

あなたは「ここは保険のプロ代理店です!」というのを聞いたことがありますか?
代理店にプロとプロじゃない所があるの?と思った人もいるのではないでしょうか。
だって、どちらで契約したって、できれば「プロ」にやってほしいと思いませんか?
では、何が保険のプロ代理店で何が保険の代理店なのかをお話したいと思います。

プロ代理店といっているのは保険の代理店を専門に扱っているところの事をいうようです。
中には、不動産業の傍ら、保険の代理店もやっています、というお店があって、そういうところを副業代理店といいます。
稀に、プロと言っておけば安心するだろうし、とりあえず言っておこう!なんて所もあるようですが・・・

なにはともあれ、プロかプロじゃないかは、保険を専門で扱っているかそうじゃないかということのようですね。
また、代理店の中で信用しているお客の数が多いところをプロ代理店といっている場合もあるようです。
色々な定義があるので、プロというから信用できるというわけでもなさそうです。
保険おすすめ記事は生命保険に加入・・

保険加入はどれがいいか迷ったら保険相談

保険の辞め方

なにか理由があって保険を辞めたい、別の保険会社に移りたいと思っている人は多く居ると思います。
けれど、辞めにくかったり辞め方が分からなくてどうすれば良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

保険を辞めるには注意と強い意思が必要になります。
親しい人の紹介で入ったら尚更辞めにくいですよね。
まず、付き合いで入ったとしても≪5年≫たてば辞めても大丈夫です。
お金の面では迷惑がかからなくなります。

まずは、保険会社に電話をしましょう。
そこで「保険を解約したいのですが」と言って下さい。
また、電話にで対応してくれた方の名前をメモしておいた方が良いです。

保険解約に必要なものは会社によって違いますが、
・保険証券
・印鑑証明と印鑑
・口座指定用紙
この3つは必ず必要だと思ってください。

後は電話の際に持ってきて欲しいと言われた物を持って
≪自分で営業所又は支社、本社に直接≫行ってください。
来てくださいより、自ら行った方が良いです。

私の経験だと電話で引き止めの為に担当者をよこすと何度も言われました。
保険の担当者がしつこくてなかなか保険を解約させてくれないから電話しているのにこれには困りました。
「保険の担当者は嫌だ。来てもらいたくない」と言っているのに保険会社も解約を阻止しようと会社ぐるみで必死なんですね。

電話ではその営業所で解約出来るのか、郵送では出来るのかなど気になった事はどんどん聞いいた方が良いです。
を解約する時に注意する事は、
・新しい保険に加入成立してから辞めましょう。
・解約をしたら、元には戻せないので覚悟してから辞めましょう。
・本当に今の保険よりも得になるのかを考える
・新しい保険に加入する資格を全てクリアしているかをよく確認してから辞める

きちんと確認して、後悔しないようにしましょう。
保険関連サイト
保険の殿堂

相談無料
最近は保険相談や借金相談など相談無料なサイトが増えています。

加入中の保険の保障内容を変更したい

なんらかの事情で、今までの保険の保障内容では満足しなくなったらどうしたらいいでしょうか?
それは保険の保障内容を変更すればいい」のです。
けれど、変更の仕方が分からなかったり面倒くさかったりしてそのままにしている人も多いのでは?と思います。

けれどそれでは、自分が損をしているかもしれません。
保険の保障内容を見直し、変更することによって保険料が安くなったら自分にとっても得するし、納得できる内容に変わるかもしれません。

さて、保険の保障内容を変更するに当たって始めにしなければいけない事は「今の保障内容の確認」です。
それをしなければ、何もはじまりません。まずは、自分の現状を把握してください。

把握しる方法はいくつかありますが、一番簡単に、しかも効率良く知れるのが保険証券です。
保険証券は契約が簡潔にわかりやすく記載されています。

確認をしたら、保険屋さんへ行き保障内容を変更しましょう。

自分が本当に欲しい保障を考えて、自分にあった物を選んでいきましょう。
☆保険関連サイト
保険相談は無料がいいね

生命保険相談
生命保険相談は保険の窓口、保険マンモス、みつばち保険などいろいろあります。