生命保険はどの保険が良いか

保険には色々な種類があって、困ってしまいますよね。
医療保険、終身保険、癌保険・・・結局、どれに加入すれば安心なの?なんて考えている人も多いのではないでしょうか。
そんな人のために、まずはどの保険に加入すれば安心なのかをお話していきたいと思います。

まず、とりあえず加入しておいてほしいのは終身保険なんです。
なぜ終身保険なの?保険料が他の保険と比べて高いじゃない!と思っている人もいるのではないでしょうか。
でも、よく考えてみてください。保険料が他の保険と比べて高いと言う事は終身保険の保障は他の保険と比べて良いというふうに取れませんか?
実際、終身保険は途中でもし解約をしてしまってもお金が返ってきたり、他の保険と違って貯蓄性もあります。
つまり、掛け捨ての保険ではないので安心ができると言うわけなのです。
なので、何に加入したら良いのか分からない、あるいはお金の事情でいくつもの保険には加入できない・・・と言う人は終身保険に加入した方がいいのです。
保険コラム

保険相談 無料であれこれ

 

保険のプロの代理店です

あなたは「ここは保険のプロ代理店です!」というのを聞いたことがありますか?
代理店にプロとプロじゃない所があるの?と思った人もいるのではないでしょうか。
だって、どちらで契約したって、できれば「プロ」にやってほしいと思いませんか?
では、何が保険のプロ代理店で何が保険の代理店なのかをお話したいと思います。

プロ代理店といっているのは保険の代理店を専門に扱っているところの事をいうようです。
中には、不動産業の傍ら、保険の代理店もやっています、というお店があって、そういうところを副業代理店といいます。
稀に、プロと言っておけば安心するだろうし、とりあえず言っておこう!なんて所もあるようですが・・・

なにはともあれ、プロかプロじゃないかは、保険を専門で扱っているかそうじゃないかということのようですね。
また、代理店の中で信用しているお客の数が多いところをプロ代理店といっている場合もあるようです。
色々な定義があるので、プロというから信用できるというわけでもなさそうです。
保険おすすめ記事は生命保険に加入・・

保険加入はどれがいいか迷ったら保険相談

普通傷害保険

皆さんは、傷害保険というものをご存知でしょうか。
一度は聞いたことがある人が殆どだと思います。
傷害保険にも種類が色々あってよく分からなくなっている人もいるのではないかと思います。
ここでは、一番基本となる普通傷害保険のお話をしたいと思います。

普通傷害保険とは、日本の中や他の国で事故やトラブルがおきてしまって怪我をした時に保険金を出してくれる保険です。
普通傷害保険に加入するだけ事故にあった時の保障は大丈夫なのです。
(殆どの事故に対応しているのでとても安心できる保険です)

怪我で入院した場合は、その入院日数によって保険金の多さが違います。
通院の場合も同じで、日計算で保険金は決まります。

また、重度の傷害がのこってしまったり、死亡してしまった時は死亡、高度傷害保険金という保険金がもらえます。
(普通の死亡保険の保険金よりは小額になります)

この普通傷害保険は、保障する対象を、家族全員にする事もできます。
(特約というオプションに様なものをつけます。)
保険加入前に

保険加入に迷ったら保険相談がいいよね

傷害総合保険

皆さんは、傷害総合保険というのをご存知ですか?
傷害総合保険に入ろうとしている人も多いのではないでしょうか。
けれど、どんな保険なのかきちんと分かっていなければいけませんよね。
ここでは傷害総合保険についてお話したいと思います。

傷害総合保険とは、日本の中だけではなくて、世界中でも対応してくれる保険なのです。
また、家庭のなかでの傷害や、仕事場での傷害、更には旅行中の時に傷害をおっても
保障してくれるのです。
つまり、日常で普通に生活をしている殆どの傷害事故に対応してくれるわけです。
こんな保険にはいっているととても安心できると思います。

さらに、傷害保険といわれてていますが、全ての事故などによる傷害の他にも
賠償責任や預かり品の損害など幅広い物に保障してくれる保険なのです。
この保険に入っていれば、ほぼ全ての日常的なアクシデントに対応してくれます。

怪我だけ、賠償責任だけを保障してくれる保険会社もありますが、
できれば1つの保険で沢山の保障をしてくれた方が便利だと思いませんか?
保険の豆知識も便利ですよ。

借金と過払い相談
借金と過払い相談なら法律のプロ司法書士又は弁護士へ

保険相談 今すぐ
保険相談 今すぐ無料相談

保険(掛け捨て)のメリット、デメリット

掛け捨ての生命保険に加入している人は多いのではないでしょうか?
このタイプのメリットとデメリットを知って賢く自分にあった保険に加入しましょう。

~メリット~
一番はやっぱり≪保険料の安さ≫です。
他のプランよりも、目に見えて安いのが掛け捨てタイプの特徴です。
なので、掛け捨ての生命保険に入っている人が多いのが現状です。

主契約は、とてもシンプルでそれだけでは不安・・・と思っている人も問題はありません。
オプションとして自分が付けたいと思う物を付けられるからです。
金銭的な事を考えながらも充実したプランに出来るというのが掛け捨てタイプの生命保険の最大のメリットと言えます。

~デメリット~
これは、いくつかありますがまず1つ目は生命保険が満期になっても満期金が出ない事です。
途中で解約をしてもそれまでかけていた保険料が戻ってこないことが多いです。

2つ目は、更新の時に、保険料が高くなってしまうことがあります。
この事を保険会社の担当者がきちんと説明していないというケースがよくあるので自分で詳しく調べておくか、自分から直接聞いて説明を受けておく事が重要になります。
最終的にどこまで高くなるのか、把握しておきたいところですね。

つまり、何にしても、自分が納得するまでとことん調べたり聞いたりすることが大切です。
都合の悪い事は言わない保険外交員は多いのでなんとなく分かったから、と契約してしまうと後悔してしまう事があるかもしれません。

生命保険に加入するなら生命保険 相談 無料サービスがお勧めです。保険ってひとことで言ってもいろいろあるんですよ。保険相談無料ならもご参考に。

借金相談 過払い相談
借金相談や過払い相談など無料相談ならこちら

生命保険 保険金請求の手続き

生命保険に加入していて「もしも、万が一」があった時どうやって保険金を請求するのでしょうか?
その時になったら慌ててしまい、上手く請求できない場合が多々あるそうです。
そうならないために、予めどんな時に保険が適応されるのか保険証券や保険約款に目を通しておくことが大切です。
保険金は普通、こちらから請求しないと、もらえません。
しっかり手続きをしないと支払った保険料が無駄になってしまいます。
そしてコトが起こったら下記の手順で行動します。

①契約者か受取者が保険会社に電話をしましょう。
(書類などの説明を受けます)
②必要な書類を保険会社に提出します。
③保険会社が保険金を受け取れるか否か判断してくれるので待ちましょう。
④保険金を受け取ります。

これで、保険金の受け取りは完了です。

保険金請求しても、受け付けられない場合は、いくつかあります。
・保険加入後1~2年以内に自殺してしまった時
・契約者のことを故意に死亡させて保険金を貰おうとした時
・戦争等で死亡してしまった時
・犯罪、死刑等で死亡してしまった時
その会社によっては若干ちがう場合もあります
☆保険関連サイト
保険加入よもやま話

借金相談 過払い相談の話題
借金相談 過払い相談など「お金を返せない」と悩むなら1日も早くプロに無料相談

 

保険の辞め方

なにか理由があって保険を辞めたい、別の保険会社に移りたいと思っている人は多く居ると思います。
けれど、辞めにくかったり辞め方が分からなくてどうすれば良いのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

保険を辞めるには注意と強い意思が必要になります。
親しい人の紹介で入ったら尚更辞めにくいですよね。
まず、付き合いで入ったとしても≪5年≫たてば辞めても大丈夫です。
お金の面では迷惑がかからなくなります。

まずは、保険会社に電話をしましょう。
そこで「保険を解約したいのですが」と言って下さい。
また、電話にで対応してくれた方の名前をメモしておいた方が良いです。

保険解約に必要なものは会社によって違いますが、
・保険証券
・印鑑証明と印鑑
・口座指定用紙
この3つは必ず必要だと思ってください。

後は電話の際に持ってきて欲しいと言われた物を持って
≪自分で営業所又は支社、本社に直接≫行ってください。
来てくださいより、自ら行った方が良いです。

私の経験だと電話で引き止めの為に担当者をよこすと何度も言われました。
保険の担当者がしつこくてなかなか保険を解約させてくれないから電話しているのにこれには困りました。
「保険の担当者は嫌だ。来てもらいたくない」と言っているのに保険会社も解約を阻止しようと会社ぐるみで必死なんですね。

電話ではその営業所で解約出来るのか、郵送では出来るのかなど気になった事はどんどん聞いいた方が良いです。
を解約する時に注意する事は、
・新しい保険に加入成立してから辞めましょう。
・解約をしたら、元には戻せないので覚悟してから辞めましょう。
・本当に今の保険よりも得になるのかを考える
・新しい保険に加入する資格を全てクリアしているかをよく確認してから辞める

きちんと確認して、後悔しないようにしましょう。
保険関連サイト
保険の殿堂

相談無料
最近は保険相談や借金相談など相談無料なサイトが増えています。

生命保険の加入方法 ~基本~

生命保険の加入方法が分からない人は、意外に多いのではないでしょうか?

生命保険に加入する前には、決めなければいけないことがあります。
・誰に対する保障なのか
→被保険者
・誰が保険料を支払うのか
→契約者
・誰が保険金を受け取るのか
→保険金受取人

そして、どれくらいの保障が必要なのかを考えます。
それは遺族の生活するお金、子供を育てるお金、将来貯蓄できるであろう金額、今現在の貯蓄額など、様々です。
それらをすべて大まかに計算してみて、≪いつ、誰に≫
そして≪どの程度の保障が必要か≫を考えましょう。

そしてまずは、一箇所だけではなく複数の会社のパンフレットを見てみると良いです。
そうする事で、自分の希望に近い保険のプランが見つかると思います。
また、他人に聞いてみたりして評判を聞くのもいいでしょう。
また、直接お話を聞く時は何点か注意して聞いてみます。
・保障内容をしっかり把握し、それを伝えてくれるか
→自分から質問をして、それに対して適切な回答をくれるのか
・メリットだけではなく、デメリットもきちんと話してくれるのか
→自信のある会社はデメリットまで詳しく話してくれます
・入院、怪我などの特約の説明までしてくれているか
→きちんと確認しないと後々困ることがある
・自分の保険に対する意見を述べているか
→私は自社のこのプランに対して、ここは良いと思うがこっちはあまり良くないと思うなど説明を聞いて、自分が納得できれば契約しましょう。
あまり、金銭的に無理をせずに長続きさせるのが保険加入の成功の秘訣です。

また最近は固定の保険会社に所属しないフリーな立場ののファイナンシャルプランナーの保険相談が無料で受けられるサービスがあります。
生命保険加入を検討する時はその無料保険相談を利用すると広い視点で各社の保険を検討できて良いかもしれません。
生命保険加入を検討中で保険相談を利用するなら保険相談なせ無料なの?もご参考にするとよいでしょう。

自動車免許は合宿免許がいいんじゃない?
自動車免許を取得するなら合宿免許。旅行気分で友達と気軽に自動車免許を取得♪

生命保険見直しのポイント

生命保険の見直しと一口に言ってもどこを見直せば良いのか
良くわからない人もいるのではないでしょうか?
見直すべき所は意外に多いのですが、1つ1つ丁寧に見直していくことで
今よりも保険料がが安くなったりするので、得することもあります。

生命保険見直しのポイント
・保障額と保障期間
→まずは基本に戻って、必要な保障額と保障期間を見直してみましょう。
転機や環境が変わった時にここを見直すと要らなくなった保障や足さなければいけない保障が みえてくることがあります。

例えばマンションや一軒家などマイホームをを公庫などの住宅ローンで購入した場合は強制的に生命保険に加入させられます。
加入者が死亡した場合は残りの住宅ローンは払う必要が無くなるのでその分の補償額は外す事ができると思います。
また遺族年金で賄える分も保険の補償額から外せると思います。

・今の保険の契約を生かす
→保険を見直して、安くなる事もあるけれど
新たに契約をすると契約年齢が上がってしまって余計に保険料が上がってしまう事もあります。
そんな時は今の契約を生かしたほうが得になってしまいます。
また保険の予定利率が良い時に契約した保険はお宝保険と言って大変条件の良いものがあるのでその場合はしっかり持って手放してはいけません。

・タイミング
→タイミング悪く予定利率が低いときに契約をしてしまうと
保険料が高くなってしまいます。
更にその高い保険料を長い間は払わなければなりません。
そうなってしまうと、自分が損してしまうので解約した方が良い場合もあります。
☆保険関連サイト
保険のトリビア

生命保険加入するなら保険相談
生命保険加入をお考えならまずは保険相談。無料です。

対物賠償保険

皆さんは対物賠償保険に加入していますか?
保険に加入している方も加入していない方もこの保険がどんな保険かきちんと知っていますか?
ここでは対物賠償保険についてお話したいと思います。

対物賠償保険とは、交通事故で自分の物意外のものを壊した時に保険金がもらえるという保険です。
この保険が適応されるには自分が契約している車での事故の場合です。
他の人が契約している車だと、保険が適応されない事が多いので注意してください。

さて、ここでの「自分のもの意外の物」とは
他の人の車だったり、ガードレールだったり標識だったり、建物も含まれます。
ここで注意したいのが、「人」は対象外なので気をつけてください。
怪我をさせたり、他人を事故で殺してしまったりした時の保険は別の保険になります。

また、家族のものだったり車庫に入れるときに誤って「車庫を」壊してしまったりした時は
保障対象から外れています。
これは、あくまでも他人に対しての保険であり、他人のものにしか保障はされないからです。
☆保険関連サイト
保険相談や生命保険

保険見直し相談もいいんじゃない?
保険見直し相談なら保険料をお安くできます。